デジタルカメラの機能や構造について考える

この記事をシェアする

シャッターとは何か

シャッターとは分かりやすく言えば扉のことかと思います。
車庫のシャッターを想像していただけると分かりやすいかと思いますが、未使用時には外の光や空気を遮断して、使用する時に開くといった感じです。中にある車がカメラ内部に備えられている機能のようなものかもしれません。
シャッタースピードという言葉は聞いたことがあると思いますが、このスピードが早いか遅いかで写真の撮れ方も変わってきます。このシャッタースピードを上げれば写真のブレは防ぐことが出来ますが、光を取り込む量も少なくなるので夜の撮影にはシャッタースピードを下げて光を多く取り込むように撮影する必要があります。
手振れ補正機能などもあるカメラも多いので、より綺麗に写真を撮りたいのならこういった機能がついているカメラでシャッタースピードを下げて撮影すると良いかもしれません。

カメラの絞りとは何か

レンズを絞って撮影するという言葉を聞くことが時々ありますが、この「絞り」とは何のことなのでしょうか。
ここでいう絞りとは、レンズの穴の大きさというのが一番近いかと思います。この穴が小さければ小さいほど光を取り込む量は少なくなりますし、逆もまた然りです。
単純に考えれば、レンズの絞りを絞れば写真は暗くなり、絞りを広げれば写真は明るくなるということになりますが、そこまで単純なものではありません。何故なら暗い写真を撮りたいならシャッタースピードを上げれば良いし、明るい写真の場合はスピードを下げれば良いからです。
この絞り機能の素晴らしい所はピントを合わせることにあると思います。手前にあるものにピントを合わせて(レンズを絞って)シャッタースピードを下げて写真を撮ると、手前のものがくっきりと映り奥のものがぼやけて映るようになります。こうすることで写真に強弱が出てより綺麗な仕上がりになるというわけです。